具体例からわかること

ホーム弱点を見極める具体例からわかること

日常生活の中から習得すべき知識

事実、これまで数々のエピソードをご覧いただきました通り、それぞれの科目に於いて
成績不振に悩む生徒は、高い確率で日常生活の些細な事柄や言葉、現象の意味などを理解していないケースが多いのです。また、これらの【超・基礎知識】が欠けていれば、当然ながら問題文を読んでもそこに書かれてある言葉の意味が汲み取れず、何を答えればよいのか反応できないケースも頻発する危険性がつきまとう訳です。 そして子供達にとって不幸な事に、こういう【知っていて当然の知識】…、言い換えると、学校の先生やご両親などの大人にとって、そんな事も『知らない』なんて考え及ばないような常識】について、子供に対してはなかなか確認する機会が無かったのではないでしょうか?
学校の教科書は、ある一定の知識と理解を有する生徒を前提に、前の学年までの知識に上乗せする形で新たな単元なり説明が書かれています。当然ですが、最初に戻って振り出しから教えてくれるはずがないのです。

例えば、下↓にそんな一般常識と位置づけてもおかしくはない問いかけを挙げてみました(※pdf画像)。
もちろん、小学3年生と中学3年生とでは、その「一般常識レベル」の線引きなり定義というものが変わるわけですが、わざわざ学校で教えてくれないので、学年はあまり関係しないというところに注目すると、小学5年生で知っていることを中学2年生が知らないなんていう“逆転現象”が起きるのは、私たち学庵からすると、特に驚きもしない
日常茶飯事です。
PDFファイルを表示←クリック(タップ)すると質問事項の画像が開きます。(※正解は敢えて載せていません。)

集団授業の限界

このような事態に配慮するため、学校の先生、大手集団塾の講師も、気がつけばその都度言い回しを平易にしたり、念のために(当たり前の事柄について)補足説明を加えて下さる場合もあるでしょうが、こんな事を毎回その都度実行していたのでは、当初予定の授業カリキュラムは到底こなせなくなってしまうでしょう。何人もいる教室の中に、1人だけ置いてきぼりの生徒の存在に先生が気づいても、全体の進度を考えれば、ある程度で見切りをつけてサッサと次の説明に入らざるを得ないのが実情
なのです。さらにご家庭内に於いても、多くの保護者様からしてみれば、「うちの子もせめてそれくらいは知っているだろう…」という漠然とした安心感のようなものをお持ちなのかもしれません。
もし、こういう【超・基礎力】の欠如があれば、勉強の各科目の土台部分が抜けているわけですから、「成績が伸びない、なかなか知識が吸収できない…」といった症状となって現れるのも
当然の結果と言わねばなりません。
※写真の人物は学庵とは関係ありません。

学庵が大切にしている力

以上のような考察に基づき学庵では、『一般常識に属する事柄を生徒がどの程度分かっているか』…、それが如何に大切であるかを生徒にも保護者様にも強く訴え続けています。
…以上で『学庵の分析力』についてのご説明を終わります。
※写真の人物は学庵の生徒ではありません。
最長100分!無料体験授業&保護者説明会を
随時受付中!
外部お試し“4コマ受講で1パック”
『夏期講習』のみ参加もOK